台湾旅行ハプニング大賞 その③

Yの悲劇の続き

本当の本当のユウの悲劇は次の日にやってきた。

起きたい時に起きよう!と言って寝た次の日の朝
「ゆか、、、ゆか、、、」とユウの声で目覚める。

「ちょっと、気分悪くってー」とユウ。

どうしよう。とオロオロする私にユウは「傍におってー。」
なんて、かわいいんでしょう。キュン。でもなんかワラケタ。

e0085783_21554339.jpg


私が爆睡している間のユウの行動とその後。ユウのブログより
       ↓
憧れの台湾、待ちに待った台湾、情報収集に励んだ台湾。
食べる気満々だった、台湾・・・・・・。

不幸は2日目の早朝にやってきた・・・・・。
6時前、目覚めると突然の吐き気・・。下痢・・・。
嫌な予感。。。。
体中が血の気の引くような寒気・・・・。
胃薬を飲んだり、ポカリを飲んだり、貧血かと思い足を高くしたり、お腹がすきすぎかと思いバナナをちょっと食べてみたり・・・。
・・・あー限界っす!
「・・ゆか・・・ゆか・・・・。そばにおって・・・。」と謎のプロポーズ。
海外旅行保険を使ってお医者さんを呼んでもらいました。
4日前に来台していた朝青龍も診断した、というホテル御用達のお医者さんが丁寧に診察してくれ、部屋で点滴・おしりに注射・採血・尿検査としてくれました。お薬も処方してくれました。
診断の結果は、急性腸炎。
えー、しめて5万円。たけ!
まあ、フランスで入院したときの150万円を考えれば安いか。あとで保険で全額おりるし・・。
ってゆうかやっぱり高いホテルに泊まると色々いいなあ。

2時過ぎまで寝て、なんとなく復活したものの、思いっきり食べられなかった旅行でした

そして一緒にいったみなさん、、、本当にすみません・・・・・・。
e0085783_22164097.jpg

と、こんな事があったのですねー。
ユウは往診にきてくださった先生と、英語で会話してました。

病気になると、英語がわかるそうです。
すごい!!

この原因は、台湾の油っこい食事のせいではなく、
昨日の夜に起こった、タクシー事件の恐怖とストレスのせいです。確実に。
[PR]
by kobe-jima | 2006-09-23 22:11


<< 台湾後記 台湾旅行ハプニング大賞 その② >>